ETFの今後

ETFが日本で普及することができなかった理由は、歴史的にも法律的にも確かにあるので、これは仕方がありません。ですが、ついに2007年に、金融商品取引法の施行にて、”海外で発売されているETFを日本のマーケットに上場することが可能になった”のです。
これは、長年ETFを待ち望んでいた顧客にとっては嬉しい事でした。

日本におけるETFは、正にこれから活性化していく金融商品であると言えるでしょう。
実際、現在の日本では、ETFは投資信託や株券などと併せて、資産運用の中心商品となってきつつあります。

ETFは、精鋭から見ても、需要がどんどん高まってくるといわれています。
市場は、需要が高まり、マーケットに数多くお金が集まれば、取引も数多く行われるために、市場が活性化して、利益も得易くなると言われています。

活性化し出したばかりのETFも、これから大きな利益を期待できる金融商品なのです。

バイナリーオプションとFXの違いとは