ETFは、運用の仕組みとして現物拠出によるETFって、現物拠出によらないETFがあります。
それぞれの仕組みを細かく見ていきましょう。

現物拠出型ETF

株式拠出型ETFではまず、指定相手方(証券会社や機関お客様など)が市場で買い付けた現物株の集合(現物株バスケット)を運用会社に拠出し、それをもとに運用会社がETFを設定し、指定相手方は、運用会社によってETFの持分を示す「受益証券」を受け取ります。簡潔に言えば、指定相手方は、抱える現物株バスケットという、ETFを交換していることになります。逆に、指定相手方は、抱えるETFって、現物株バスケットを交換することもできます。

現物株バスケットってETFは相互に交換できますので、本質的な価値は同一として、現物株バスケットの動きってETFの値幅は連動する。例えば、現物株バスケットがすべてのTOPIX銘柄で構成されていれば、その現物株バスケットという交換できるETFはTOPIXに連動することになります。

指定相手方において発行されたETFの受益証券が、マーケットに上場され、一般のお客様は、上場されたETFの受益証券を市場で購入したり、売却したりすることでETFの取引を行います。

現物拠出型ETFの仕組み
リンク債型ETF

「リンク債」は、指標などに価格が連動する債券のことです。
リンク債型ETFは、指定相手方が運用会社に金銭を拠出し、ETFが設定されます。拠出された金銭は、指標などに連動するリンク債に投資されるため、ETFというリンク債の価格が連動することとなります。リンク債の価格は、指標などに連動するので、結果としてETFは指標に連動することになります。
なお、指定相手方は、ETFを投資先ですリンク債と交換することができます。

こういう方式は、現物拠出がむずかしい新興国の株価指数に連動するETFなどで採用されています。

投資メリットデメリット違い