一般的な投資信託とは異なり、ETFはマーケットに上場され、市場にて売買が行われている。
そのため、市場が開いている間は、上場株式と同じようにETFの売買を行うことができます。取引の仕方は上場株式と同様で、「指値注文」や「信用取引」を行うことができるのも、一般的な投資信託とは異なるETFならではの特徴です。

取引の方法は上場株式と同様ですが、ETFも投資信託ですので、受益者に分配金が支払われます。

また、ETFは一般的な投資信託に対して、次のような理由で信託報酬が低くなっている。

ETFは、一般の投資信託と異なり、信託報酬のうちディーラに払う部分がない
ETFは、インデックス運用なので、企業調査などのコストが乏しい
現物拠出型のETFであれば、株式などの売買を行う不要ため、売買にかかるコストが安い
ETFって一般的な投資信託の比較をすると以下のようになります。

一般的な投資信託というETFとの比較
一般的な投資信託ETF
購入窓口各投資信託の取扱いがある証券会社、銀行などのディーラ証券会社
購入価格基準価額(一年中に1つ)その時々の取引価格
注文方法基準価額がわからない状況で購入・換金の申し込みを行う(ブラインド方式)成行・指値注文が可能
購入するときの手数料投資信託ごと、ディーラごとに手数料率はことなる証券会社ごとに手数料はことなる
信託報酬率一般的にはETFの信託報酬より高い一般的な投資信託の信託報酬から悪い
最低投資金額10000円程度から10000円程度から購入できるETFもあるが(相場の動向による)、多くは10万円程度の資金が必要
信用取引できない望める
ETFのリスクは?

ETFの価格に影響を及ぼす主な変動要因には、以下のものがあります。

値動きリスク

組み入れた有価証券の価格等が変動することによってETFの価格が変動するリスクがあります。

発行体リスク(リンク債による場合)

指数等に連動させるため、リンク債において投資を行う場合があります。この場合、リンク債の発行体の財務によりETFの価格が変動するリスクがあります。

流動性リスク

市場の需給を通じて、売買が成立しないリスクや予想される価格によってきつく離れた価格で売買されるリスクがあります。

乖離やるリスク

市場の急変時や運用によっては、連動を目指す指数の値動きから乖離始めるリスクがあります。

キャッシング破産する人の特徴

ETFが日本で普及することができなかった理由は、歴史的にも法律的にも確かにあるので、これは仕方がありません。ですが、ついに2007年に、金融商品取引法の施行にて、”海外で発売されているETFを日本のマーケットに上場することが可能になった”のです。
これは、長年ETFを待ち望んでいた顧客にとっては嬉しい事でした。

日本におけるETFは、正にこれから活性化していく金融商品であると言えるでしょう。
実際、現在の日本では、ETFは投資信託や株券などと併せて、資産運用の中心商品となってきつつあります。

ETFは、精鋭から見ても、需要がどんどん高まってくるといわれています。
市場は、需要が高まり、マーケットに数多くお金が集まれば、取引も数多く行われるために、市場が活性化して、利益も得易くなると言われています。

活性化し出したばかりのETFも、これから大きな利益を期待できる金融商品なのです。

バイナリーオプションとFXの違いとは